News

・インプラント治療~スタート地点に戻って考える~ 鈴川先生・丸橋先生
・最新のマウスピース矯正治療について 佐本先生
・新人歯科医師から大規模医院の院長まで必ずしっておかなければならない、勝ち組歯科医院になるための経営セミナー 丹羽先生・黒瀬先生
・複雑な補綴を成功に導く臨床的基準 山崎先生
・「Cr-endodontistの勘所」(Review and proceed) 井野先生
・Contemporary Concepts for Implantology and Strategy for Making Management and Marketing System 小林先生
・MBA式 ケーススタディ研修 星先生
・地域に愛され、そして、自分自身も幸せになる歯科医院経営~アチーブメントテクノロジーと選択理論の応用~ 深沢先生

・エンドドンティクスについて 清水先生
・骨造成を成功させるための基本手技のポイントと歯槽堤造成術のガイドライン 堀内先生
・我々の考える矯正医と一般医との連携 殿塚先生・渋澤先生
・エステティックゾーンにおける欠損補綴を考える 新藤先生
・Periodontal Microsurgeryの基礎と応用 鈴木先生
・咬合崩壊を導くパラファンクションのコントロール 小原澤先生
・Erbium Laserの Water micro explosion を用いた Peri-implantitis治療 ならびに 歯周、再生療法 山本先生
・歯周組織再生における選択肢 —錯綜する情報の中で− 白石先生
・歯科臨床医のための緊急気道確保-解剖学的観点からの気道穿刺を中心に- 岩田先生
・精度の高い歯内療法と審美修復治療 天川先生
・自費でおこなう根管治療・Retreatment 寺内先生
・咬合を学ぶ目的 西川先生
・インプラントnewマテリアルセミナー 伊神先生
・選ばれる歯科医院になるために/院内システムについて考える 天川先生/牧野先生
・ハンズオンセミナー 審美的なコンポジットレジン修復 天川先生
・超高齢社会に求められている義歯治療とは~義歯治療の意義と作製・調整のkey-point~ 鈴木先生
・ハンズオンセミナー 基礎から学ぶ歯内療法 天川先生
・アメリカにおけるImplant歯科教育の現状と試み 宮本先生
・ハンズオンセミナー マイクロスコープを体験しよう! 天川先生/松本先生
・「進化つづける歯科用CAD/CAMの魅力。”Digital Workflow”」光学式スキャナの到達点と今後について 小池先生
・今、見つめ直す歯内療法の勘所 林先生
・臨床のお宝箱! 松本先生
・印象採得のメカニズム 藤田先生

News

「Cr-endodontistの勘所」(Review and proceed)

EEデンタル 院長
井野 泰伸先生

教育講演 2000年 愛知学院大学歯学部卒業
2003年 奥村歯科勤務
2007年 愛知県豊橋市で「EEデンタル」開業

所属学会
歯内療法学会
顕微鏡歯科学会

どこの歯科医院でも根管治療、レジン治療が無い日はないと思います。
2009年度に本邦で行われた根管治療の本数は約1500万本と言われています。
実際には数年後、このうち何万本かは歯科医源性の歯科疾患 に陥り、抜歯に至ってしまいます。
このような歯科医自身による抜歯への進行を食い止 める必要があります。
「レジン治療」より「抜髄治療」、「抜髄治療」より 「感染根管治療」の方が難易度が高くなり、予知性も 低い治療になります。
抜髄治療へ移行しないレジン治療や感染根管治療に 移行しない抜髄治療、または抜歯へ移行しない感染 根管処置を施せれば、患者さんと歯科医にとってこ の上ない喜びです。
レジン治療は、進化の目覚ましいフロアブルレジン を用いることで、非常にシンプルな術式にすること が可能であり、またそこに1種類の固形レジンを使 用することで綺麗な審美修復を行うことも可能です。 演者はC2の多くはレジン修復で治療を行うことが できると感じています。
また、勤務医時代に抜去歯400本で根管解剖のバ リエーションの多さを学びましたが、根管治療につ いての講演ではあらゆる歯に共通して使える道具も 紹介したいと思います。
根管治療は盲目的操作や感覚や経験に依存する部分 が多く、苦手意識をお持ちの先生方も、今何をどう すればいいか分らずにおられることがあります。 また、大学で習った手法では治癒しない症例も多く、 エビデンスのない闇雲な治療が行われている部分も あり、今改めて再考する必要がある時期かもしれま せん。
さらに根管治療の講演では米国での潮流を基本とし て、感覚や経験の部分を科学的な知識として提示し、 先生方の臨床が前進する一歩となれば幸いです。