News

・インプラント治療~スタート地点に戻って考える~ 鈴川先生・丸橋先生
・最新のマウスピース矯正治療について 佐本先生
・新人歯科医師から大規模医院の院長まで必ずしっておかなければならない、勝ち組歯科医院になるための経営セミナー 丹羽先生・黒瀬先生
・複雑な補綴を成功に導く臨床的基準 山崎先生
・「Cr-endodontistの勘所」(Review and proceed) 井野先生
・Contemporary Concepts for Implantology and Strategy for Making Management and Marketing System 小林先生
・MBA式 ケーススタディ研修 星先生
・地域に愛され、そして、自分自身も幸せになる歯科医院経営~アチーブメントテクノロジーと選択理論の応用~ 深沢先生

・エンドドンティクスについて 清水先生
・骨造成を成功させるための基本手技のポイントと歯槽堤造成術のガイドライン 堀内先生
・我々の考える矯正医と一般医との連携 殿塚先生・渋澤先生
・エステティックゾーンにおける欠損補綴を考える 新藤先生
・Periodontal Microsurgeryの基礎と応用 鈴木先生
・咬合崩壊を導くパラファンクションのコントロール 小原澤先生
・Erbium Laserの Water micro explosion を用いた Peri-implantitis治療 ならびに 歯周、再生療法 山本先生
・歯周組織再生における選択肢 —錯綜する情報の中で− 白石先生
・歯科臨床医のための緊急気道確保-解剖学的観点からの気道穿刺を中心に- 岩田先生
・精度の高い歯内療法と審美修復治療 天川先生
・自費でおこなう根管治療・Retreatment 寺内先生
・咬合を学ぶ目的 西川先生
・インプラントnewマテリアルセミナー 伊神先生
・選ばれる歯科医院になるために/院内システムについて考える 天川先生/牧野先生
・ハンズオンセミナー 審美的なコンポジットレジン修復 天川先生
・超高齢社会に求められている義歯治療とは~義歯治療の意義と作製・調整のkey-point~ 鈴木先生
・ハンズオンセミナー 基礎から学ぶ歯内療法 天川先生
・アメリカにおけるImplant歯科教育の現状と試み 宮本先生
・ハンズオンセミナー マイクロスコープを体験しよう! 天川先生/松本先生
・「進化つづける歯科用CAD/CAMの魅力。”Digital Workflow”」光学式スキャナの到達点と今後について 小池先生
・今、見つめ直す歯内療法の勘所 林先生
・臨床のお宝箱! 松本先生
・印象採得のメカニズム 藤田先生

News

『超高齢社会に求められている義歯治療とは~義歯治療の意義と作製・調整のkey-point~』

鈴木宏樹先生
2016年11月20日 開催

教育講演
2007年に日本は高齢化率(全人口に対する65歳以上の人口の割合)が21%を超え、超高齢社会となりました。2015年には高齢化率が25%を超え、正に4人に1人が高齢者という状態となっており、今後もその割合は増加していく見通しとなっています。
その高齢化と共に、高齢者のQOLやADLの低下、平均寿命と健康寿命(介護が必要なく自立した生活を送れる年齢)の大きな差、その間の介護費用・老人医療費の増大などの、様々な問題が生じており、それを改善するためにも、高齢者医療の在り方に大きな注目が集まっています。
その様な現状の中、歯科医療においては、口腔ケアと共に義歯治療が注目されています。食べられる口を維持する事が全身のフレイル(虚弱)にも良い影響を与えるからです。
しかしながら、一般的な義歯のイメージとなると、
痛い、噛めない、しゃべれない、落ちる、浮き上がる・・・
など決して良いものではありません。
しかし、ポイントを押さえた義歯作製・調整を行えば、この悪いイメージの大半を取り除く事ができますし、口腔内でしっかりと機能させることも可能です。
義歯は、たとえ吸着していても、食べられなければ意味がありません。
今回は、高齢者に機能的な義歯を提供することの目的・意義と併せて、義歯を作製する際のポイントを症例提示しながらお話しさせていただきたいと思います。