News

・インプラント治療~スタート地点に戻って考える~ 鈴川先生・丸橋先生
・最新のマウスピース矯正治療について 佐本先生
・新人歯科医師から大規模医院の院長まで必ずしっておかなければならない、勝ち組歯科医院になるための経営セミナー 丹羽先生・黒瀬先生
・複雑な補綴を成功に導く臨床的基準 山崎先生
・「Cr-endodontistの勘所」(Review and proceed) 井野先生
・Contemporary Concepts for Implantology and Strategy for Making Management and Marketing System 小林先生
・MBA式 ケーススタディ研修 星先生
・地域に愛され、そして、自分自身も幸せになる歯科医院経営~アチーブメントテクノロジーと選択理論の応用~ 深沢先生

・エンドドンティクスについて 清水先生
・骨造成を成功させるための基本手技のポイントと歯槽堤造成術のガイドライン 堀内先生
・我々の考える矯正医と一般医との連携 殿塚先生・渋澤先生
・エステティックゾーンにおける欠損補綴を考える 新藤先生
・Periodontal Microsurgeryの基礎と応用 鈴木先生
・咬合崩壊を導くパラファンクションのコントロール 小原澤先生
・Erbium Laserの Water micro explosion を用いた Peri-implantitis治療 ならびに 歯周、再生療法 山本先生
・歯周組織再生における選択肢 —錯綜する情報の中で− 白石先生
・歯科臨床医のための緊急気道確保-解剖学的観点からの気道穿刺を中心に- 岩田先生
・精度の高い歯内療法と審美修復治療 天川先生
・自費でおこなう根管治療・Retreatment 寺内先生
・咬合を学ぶ目的 西川先生
・インプラントnewマテリアルセミナー 伊神先生
・選ばれる歯科医院になるために/院内システムについて考える 天川先生/牧野先生
・ハンズオンセミナー 審美的なコンポジットレジン修復 天川先生
・超高齢社会に求められている義歯治療とは~義歯治療の意義と作製・調整のkey-point~ 鈴木先生
・ハンズオンセミナー 基礎から学ぶ歯内療法 天川先生
・アメリカにおけるImplant歯科教育の現状と試み 宮本先生
・ハンズオンセミナー マイクロスコープを体験しよう! 天川先生/松本先生
・「進化つづける歯科用CAD/CAMの魅力。”Digital Workflow”」光学式スキャナの到達点と今後について 小池先生
・今、見つめ直す歯内療法の勘所 林先生
・臨床のお宝箱! 松本先生
・印象採得のメカニズム 藤田先生

News

最新のマウスピース矯正治療について

青山アール矯正歯科 院長
佐本 博先生

教育講演 2006年 港区南青山にて「青山アール矯正歯科」開院
2009年 大阪にて「青山アール矯正歯科 Osaka」開院
2012年 インビザラインアワード受賞
歯学博士
日本大学歯学部卒業 (日本大学歯学部長賞受賞)
矯正認定医(日本矯正歯科学会)


私は2006年よりインビザラインによるマウスピース矯正治療を積極的に導入し、現在ではほとんどの患者様をインビザラインを使 用して矯正治療を行っております。多くのインビザライン治療を行った経験から言えることはインビザラインは矯正の専門的知識 がない歯科医が簡単に使用できる矯正装置では決してなく、逆に従来のワイヤー矯正治療経験が豊富であるからといっても手軽に 取り組める装置でもありません。一度の印象採得で理想的な歯列に至るまでのすべてのマウスピースが作製される装置の特殊性ゆ えに、難易度の高いケースに関しては術者のインビザライン治療の経験や知識によって治療結果が大きく異なることがインビザラ インの欠点といえます。しかし、経験を積み重ね、インビザラインの特性を理解し、技術を習得することにより、従来のワイヤー 矯正では治療が難しいケースであってもインビザラインで簡単に治療ができるようになったり、小臼歯抜歯が必要なケースも非抜 歯で治療ができるようになるなど新たな矯正治療学の可能性が目の前に夢のように拡がっていくことも事実です。私の様々なイン ビザライン治療ケースを見て頂きながら、インビザラインの長所として患者様サイドの快適性や審美性のみならず、術者サイドの 矯正装置としての機能性も飛躍的に優れている点を理解して頂き、これからの矯正歯科界のみならず歯科界におけるインビザライン 治療の可能性を感じて頂ければ幸いです。